カテゴリー別アーカイブ: 不快

脇の下から漂う最強の臭い

脇の下から漂う最強の臭いつまりわきがについての体験談です。私には悩みがある。それは脇の下から発せられる最強の臭いだ。
認めたくはないけど、おそらくワキガなんだと思います。

朝起きたときはそうでもないのだが通勤を終えて会社についたときにそいつはやってくる。
そう、奴は体を動かし汗をかくと現れるのだ。
その臭いと言ったらそれは凄まじいもので、例えるならばゴボウの臭い。

そう、ごぼうの臭いが朝から自分の脇の下から漂ってくるのだ。

朝これから仕事を始めるぞという気持ちの中、この臭いを嗅ぐと一気にやる気ダウン。
ほんとに迷惑なやつである。
特に前日カレーを食べた日となったらこの臭さがいつもの3割ましで襲ってくるのだ。

私もこの臭いに打ち勝つために様々な手段をとってきた。
例えば脇に脇汗パットを貼ってみたり、食事を野菜中心にしてみたり、適度に運動をしてみたりと色々試してみたが、どれも効果なし。
ワキガの治し方の基本
私の脇はどんな方法をとっても改善されない最強の脇なんじゃないかと完全に諦めモードなっていたところネットでワキガ治療が医院でできるという記事を見つけた。
これなら、私のわきがの臭いも治せるかもしれない。

最後の希望を持ってそこに通ってみることにした。
最後の希望をその医院にかけてみようと思う。

夏場の汗臭は大変

私の場合は、冬場の汗をかかない時期はあまり気になりません。汗臭は夏場が大変なんです。
冬でも脇を手でこすって臭いを嗅ぐとわきがの臭いはしますが、周りにもれるほどではありません。
そう、ひどいのは夏です。
ひどい臭いの脇汗が服にしみて、それが周囲に臭いを撒き散らしてしまいます。

汗とりパットを使って、それをこまめに交換することで随分ましになりますが、ノースリーブやそれに近い服は絶対に着れません。
脇汗が服についてしまうと、その部分が黄色いシミになってしまいます。
制汗スプレーなど、全く効き目無しです。
電車に乗るときも、吊革に掴まらなくて良い場所を探してしまいます。
昔はわきがが気になって男性とつき合うのをためらったりすることもありました。

今は結婚していますが、夫に嫌な思いをさせないように、やはり気を使ってます。
市販のワキガ専用のクリームは効き目がありますが、1日に何度も塗り直さなくてはいけないのが難点です。
ワキガは手術をすれば良くなるのかもしれませんが、お金もかかるしどうしても踏み切れません。
ワキガ対策クリーム