グラノーラをヨーグルトと食べる便秘にならないための習慣

私は1日1回、便を出す対策を取っています。
腸内環境が悪いと肌ツヤにも影響してきますし、大腸がんなど病気の原因にもなると聞きます。
簡単で効果があるのは、ヨーグルトとフルーツグラノーラを朝食に食べること。

ヨーグルトには腸内環境を整えてくれる、善玉菌が入っています。
ビフィズス菌や乳酸菌に代表される善玉菌が、直接腸まで届いて働いてくれるそうです。
腸内には、善玉菌と悪玉菌に加え、日和見菌と言うどちらにも属さない菌がいます。
この日和見菌をどちらに味方に付けるかで、腸内環境が左右されます。
ですので、ヨーグルトを摂取する時は、日和見菌を善玉菌の味方にすることを何となく意識すると良いのではないでしょうか。
グラノーラには食物繊維が多く含まれていて、手軽に摂取できます。
便秘の解消には、やはり良い食品だと思います。
私の場合、朝食でグラノーラにヨーグルトをかけて食べるとお腹の調子が良いです。
ただし、ヨーグルトは乳製品ですので、食べすぎない様に注意が必要です。
スッキリ炭べえの効果